Sunday, 18 June 2017

小澤の不確定性原理

昨日のOSCの飲み会でビール飲みまくっていたら「先生どこですか」的な呼び出しが研究室OBから。なんで沖縄戻ってきてるのと聞いたら、

* 科学基礎論学会/科学哲学/科学史
http://phsc.jp/conference.html

ぐ、懐かしすぎる。ぜんぜんアンテナに引っかかってませんでしたが、琉大でやってるのか! で、プログラムを見ると、

*  出口弘
*  小澤正直

ぐ、懐かしすぎる。東工大の吉田夏彦先生配下な人たちではないですか。

なんですが、さすがに三日連チャンで早起きは無理でした。遅刻しつつ、小澤さんの発表を聞くことができました。

*  σ(P)σ(Q) + ε(P)σ(Q) +ε(P)ε(Q) > hoge

だったかな。Hiesenberg のドイツ語の論文のアブストラクトとかが出てるのが吉田研っぽくって面白かったです。不確定性は indeterminancy から来ているのだけど、元のドイツ語は inaccuracy に相当する言葉だったらしい。それを英語の共著者が inderminancy とまずい訳をしたと。それにEinsteinが引っかかって、あんな議論になったかと思うと、まぁ、そんなことはないと思いますが。あの議論は量子力学の定義の精密化には訳なったわけだし。

というわけで、懐かしい面子に会えて良かったです。
Post a Comment