Sunday, 20 May 2018

MOSの海老天

日曜日でも大学に行くわけなんですが、Ingress で宜野湾市役所裏のMOSに。海老天ライスバーガーかな〜

天むすですよね。おつゆ付けてくれるんだが、それ自体、味付いているし,結構、しっかり塩味あるんだけど。

というわけなので割と美味しかったです。一つで十分だな。もっとも最近はMOSは照り焼きとか受け付けないのでほとんどいかないんですけどね。宜野湾市役所あたりは選択肢がなくて...

まる嘉の移転が痛すぎる〜 北谷はバスを二回乗り継がないと琉大から行けないからな。もっとも普天間でも乗り継ぎなんですが。

Saturday, 19 May 2018

わかった感覚

「エウレカ〜!」のあれなわけですけどね。

最初はなんだろうな〜 おはじきを長方形に並べて掛け算の対称性を調べるみたいなのか?

こういうわかった感覚は中毒性があるので、わかるまで考えるとかがくせになるわけですが、世の中には難しいものも沢山あるからなぁ。

わかってないものも結構多い。チコノフの定理とかは、まだ、「わかった!」って感じではないです。一つは選択公理に依存しているからだな。自然にある集合が、そうそう都合良く順番に並んでくれるものか的な。

ピタゴラスの定理とか三角関数の加法定理とかを図で*証明*するのも、五次元世界の冒険とか読んで育った世代なので、

  空間がまっすぐとか限らないから間違ってる

とか思う人だったりします。「それでわかってしまうのはダメだろ」的な。

Agda は直観主義論理だから、証明できるなら決まった推論規則から成立するのでわかりやすいと言えばわかりやすい。でも、

  その推論規則本当にわかってる?

特に単一化と正規化が入り混じったのは結構複雑でな〜 まぁ、信頼してるけどさ。

疑り深い人の方がわかった感覚を身につけやすいのかも。人のいうことを簡単に信じては自分でわかったことにはならないからさ。

Friday, 18 May 2018

first vr

今日の玉城絵美講演会ですが、

   First VR
   https://first-vr.com

発売にこぎつけたのか素晴らしいです。でも、売り切れ御免らしい。

LEAP Motion と違って単純な手の認識ツールではなくて、フィードバックというかリモートコントロールが付いているのだが、取りあえず入力装置として発売らしい。まぁ、先にはいろいろあるだろうな〜

Thursday, 17 May 2018

イベント続き

がんばります。

スパコン向けHigh Performance VDI(vGPU-VDI) の検証環境とデモ
5/18 13:00~14:20 工学部1号館321 シス管ミーティングの一部ですが、誰でも参加できます。

5月18日金曜16時琉球大学大学会館
早稲田大学 創造理工学研究科 准教授 玉城絵美講演会
ロボットや外 部のヒトと身体感覚を共有し、様々な経験を得る BodySharingを実現する
http://tinyurl.com/y98q4elh

5月OS研究会
2018年5月21日(月)~22日(火)
ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート
http://www.ipsj.or.jp/sig/os/index.php?2018%C7%AF5%B7%EE%B8%A6%B5%E6%B2%F1

Google I/O Extended Okinawa 2018
6月2日(土)13:00〜17:00 (12:30受付開始)
琉球大学工学部1号館321教室
https://okipug.connpass.com/event/86509/

オープンソースカンファレンス沖縄
2018年6月16日(土) 10:00-17:00
沖縄コンベンションセンター 会議棟B
https://www.ospn.jp/osc2018-okinawa/

ハッカーズチャンプルー2018
2018-06-30(土)09:30 - 17:00
沖縄コンベンションセンター 会議場A1
https://hackers-champloo.doorkeeper.jp/events/74338

Wednesday, 16 May 2018

Oculus + LEAP motion

LEAP motion は、割とやすいし、結構、しっかり手の位置を取ってくれるので学生には受けは良いです。割引した時に5千円で買ったのだが、もう少し買っても良かったかも。去年も誰か使っていたし。安くならんな。

で、こいつをHMDの裏に貼り付けるという技があるらしい。お、セロテープ? いいけど。これで、HMDの画面に自分の手を登場させることができるわけですね。なんか市販のフォルダーもあるらしい。買えば?

HMD回転とLEAP motion の座標を掛けないといけないんだが、それに少し苦労していたみたい。

まぁ、なかなか一発芸から抜け出れないHMDですが、学生が楽しんでくれてるならいいか。

裏に iPhone を貼り付けて透視画を付け加えるなんて技もあるらしいです。

Tuesday, 15 May 2018

Haskell の構文

Haskell 、そんなに使い込んでるわけではないので、結構、忘れる。授業だと、One lineer が便利なんだけど、

  Haskell は indent 構文が普通

ってあたりで、あららになるわけなんですけどね。特に、data だな。

Agda だと直積と排他的和は record と data で別構文なんですが、Haskell は data 一つですませてます。和のケース一つを常に付けて置くような感じか。

これが忘れるんだよな。直積は、

data Product a b = P a b

なんだけど、これだと accessor がないので、ちょっと困る。Curry Howared 対応的に。intro と elim は常に両方あるべきだろと思うんだけど。accessor をつける構文がなかなか思い出せない。

data Product a b = P { x :: a , y :: b }

ここに Comma ですか。Semi Colon ではないのか。Agda の record の構文とずいぶん違う。いろいろ歴史があるんでしょうね。

和の方は、

data Sum a b = L a | R b

これで、L か R かどっちかな構造体になります。こっちは縦棒。まぁ、選択に縦棒は普通なので、こっちの方が思い出しやすい。和の方は必ず case または pattern match を使うので、accessor は必要ない。まぁ、積の方も pattern match 使えば accessor は要らんのだが。

のだが、case の構文の方が忘れやすい。

:t ( \x -> case x of R y -> y ; L z -> z )

で、Sum t t -> t になるんですが、ここで Semi Colon ? いや、ここは縦棒であるべきだろ? まぁ、この Semi Colon は case の構文の一部ではないのだけど。なので、indent 使って書けば出てこないものです。

便利なので Java とか C とかでも欲しいとは思うんですけどね。

Monday, 14 May 2018

参鶏湯

前回は2015/3だったみたいです。

8人で一つだと、ちょっと少ないけど、まぁ、薬膳みたいなものだからなぁ。

黒マッコリという黒豆のお酒を飲みました。一番近いのはおしるこか?

年一回ぐらいを目標にしたい所です。

ゲジョル
https://tabelog.com/en/okinawa/A4703/A470404/47012193/